一姫二太郎とおうち英語

しょこママと一姫(2015.9生)二太郎(2019.5生予定)がおうち英語に挑戦中!目指せ、日英バイリンガル\(^-^)/

【娘3歳6ヶ月】年少で入園1ヶ月目!不安しかなかった娘の大きな成長とは?

f:id:oyakobilingual:20190427052238j:image

年少で保育園に入園、娘の一ヶ月目の様子

こんにちは、しょこです(*^^*)

今年から年少さんになり、保育園に入園した3歳の娘がいます。今まで保育園などに預けたことはなく、ママにベッタリな娘でしたので「入園前は不安しかなかった!」と言っても過言ではなかった娘。入園からの初めの1ヶ月は果たして元気に保育園に行けたのか、成長記録も兼ねて書きたいと思います!

同じく今年入園された方、これから初めて預ける予定の方、我が家の一ヶ月目はこんな感じでしたよ!

 

入園前の娘はこんな子でした

入園前の娘は、専業主婦のママと24時間一緒、実家にも預けたことがないような生活を送っていました。

自宅ではキッチンやトイレまでも、ママの行くところはどこへでも!後からついてきて、公園で知らないお友だちがいると「もう帰る。」と、人見知りの激しい子どもでした

入園前の3月中には、3回ほどママ同伴で保育園に遊びに行き、4月から同じクラスになるお友だちと一緒に遊ぶ機会があり、幸いにも仲良くしてくれるお友だちもできたりして「保育園楽しみ!」と言っていましたが、母は内心「本番はママいないけど、大丈夫かな?」と心配しておりました(^o^;)

 

入園から一週目|意外にも平気だった?

  • 朝ママと離れる時は、ギャン泣き

始めはそうなりますよね(^^;でも泣くのは朝だけだったり、何か出来ないことがあったりするときだけで、ずーっと泣き続けることはなかったみたいです。保育園が終わってお迎えの時には、初日は泣き腫らした顔をしてましたが、その後はケロっと楽しく遊んで、むしろ「ママ(お迎えに)来るの早い!(T_T)」と泣くこともあり、心配してたより全然保育園を満喫してるじゃないの(*^^*)と少し安心したのでした。

 

  • 給食が食べられない

もともと偏食で、バクバク食べるタイプではなかったので心配していましたが、やっぱり食べられず、先生が口に運んでやっと一口二口食べる程度だったようです。

 

入園から二週目|イヤイヤの本番が始まる

  • イヤイヤの本番は二週目からだった!

一週目は意外にもスムーズに登園していた娘でしたが、本当のイヤイヤは二週目からでした(^o^;)

一週目は「よく分からないけど、連れて来られた」「なんか楽しかったし、今日も保育園で遊ぶ!」という感じだったんだと思いますが、二週目からはだんだん保育園の生活を理解し始め、あれもこれも自分でやらなくちゃいけないっていうプレッシャーからか、火曜日水曜日はギャーギャー泣きながら保育園に行きました。

 

  • 木曜日はリフレッシュ休暇に

慣れない保育園生活で、少し風邪気味にもなっていた娘。心身共に疲れていると思い、思いきって木曜日はお休みを取りました。

「朝イヤイヤ言うから仕方なくお休みを取る」というパターンだと「イヤって言えば休めるんだ!」と思われると良くないと思い、前日から保育園にはお休みを取ることを伝え、娘には「元々お休みだった」と装ってみました!(小細工が意味あったのかは分かりません。笑)

水族館に出かけて1日ママと過ごすことができて、リフレッシュ大成功!金曜日は元気に保育園に行くことが出来ました(^^)d

 

  • オムツの娘がトイレでおしっこ成功!

10ヶ月間くらいゆるくトイトレをしていましたが、冬は寒かったり娘がトイレを嫌がったりで、今までは全然上手くできていませんでした(>_<)

その娘が、保育園のトイレでおしっこ成功!お友だちがいると、出来ることも増えますね♪その翌日には、おうちのトイレでもおしっこ成功しました!嬉しかったなぁ(*^^*)

 

入園から三週目|打って変わって順調な日々

  • 毎日順調な一週間

三週目になると、だいぶ慣れてきたのもあったのか、朝も自分の足で歩いて保育園まで行き、保育園ついてからも普通に「ママ、バイバーイ\(^o^)/」と、かなりの順調ぶり。

これはもう全然大丈夫なのでは??と期待してしまうママでした(*^^*)

 

  • 保育園でお昼寝が始まり、生活リズムが整う

三週目から保育園でお昼寝タイムが始まりました。ママなしで寝れるのか?とちょっと心配でしたが、全然問題なかったようです(*^^*)

先週まで夜は早々に寝落ちていた生活が、ちょっと夜の時間にゆとりが出来るようになり、おうち英語や絵本の時間が取れるようになりました!

 

入園から四週目|イヤイヤに戻るも成長が見られる

  • ぐずぐずイヤイヤに逆戻り(*_*)

四週目は先週の順調さとは打って変わって、玄関から「行きたくない」と言う、保育園までなかなか歩かない、保育園から帰ってきてからも泣き出す、という感じでした(T_T)

 

  • 出来ることは確実に増えてきている!

「給食を全部完食できました!」と先生から報告を頂きました\(^o^)/最初はほとんど食べられない毎日だったのに、まさかこんなに早く完食できる日が来るとは!ビックリと共に、娘の成長に大喜びな私でした(*^^*)

まだオムツでおしっこしちゃうこともあるけど、ちょこちょこトイレでおしっこも成功している様子。よく頑張っている娘を褒めることも多くなりました!

 

  • 「お姉さんになれない」娘の悩み相談

帰宅後に突然泣き出した娘。どうしたのか聞くと、一生懸命絞り出した返事は「お姉さんになれない(T_T)」とのことでした。

保育園のお友達の半数は、赤ちゃんの時からなど長く保育園に通っているような子たちです。娘は「お友だちはいろんなことが出来るのに、私は出来ない」と悩んでいたのでした。

最近いろんなことが出来るようになってきて、娘を褒めることも多かったのですが、娘にしてみたら「みんなは当たり前に出来てることなのに、出来ない私がなぜ褒められるの?」と、どうやらそれもしっくりきていない様子。うーん、なかなか複雑(^o^;)女心は難しい…。

でもそんなことも含めて、ものすごい成長を感じました\(^o^)/悩み相談なんて初めて受けて、感動のママなのでした!

 

  • ぐずぐずのもうひとつの原因は「遠足」

四週目に入ると、保育園から5月の遠足のお知らせを受けました。娘が絶対喜ぶと思って「来月は保育園のお友だちと先生とママも一緒に、動物園に行くんだよ!」と伝えると、爆発的に大喜びな娘\(^o^)/

しかし、それから毎朝「動物園行きたい。保育園行かない。」と言う娘(*_*)予想外の展開…。あぁ、言うのが早すぎた…と後悔しても後の祭り(^o^;)次からは気を付けます!

 

  • それでも頑張って毎日登園!

またリフレッシュ休暇を取ろうか微妙なところだったのですが、イヤイヤ言いながらも保育園に着いてしまえば「ママ、バイバーイ」とあっさり離れていく娘。確実にママいなくても大丈夫な子に成長してます(*^^*)

今週が終わればゴールデンウィーク!毎日保育園に登園できました(*^^*)

 

言葉(日本語と英語)も急成長!

  • 「喋る」ことに積極的に

この一ヶ月でお喋りもだいぶ上手になりました!毎日たくさんのお喋りなお友だちに囲まれて、問題があれば自分で解決しなくちゃいけなくて、そんな環境で過ごしていたら今まで以上に喋る必要性が出てきたんだと思います!

大人しかった以前とは違って、確実に喋ることへの積極性が上がりました(*^^*)これは言葉の発達にとってとてもいい姿勢なので、今後言葉の発達に、よりいい影響があるんじゃないかなと思っています!

 

  • 日本語の発達が著しい

園は日本語の一般的な保育園(仏教系)です。園で覚えた歌をよく家でも歌っていますし、4月後半は「今日の給食の唐揚げ食べたよ!」と自ら園生活を報告してくれるようになりました!

他にも先生やお友だちにいつも言われてるのかなという言葉をパパに言ってたりします。(パンの食べ方を伝授してたり。笑)

 

  • 日本語でのストーリー作りが上手に

文字はまだ読めませんが、絵本の絵だけを見て、自分でストーリーを作ることが上手になりました!以前は「くまのタンタン」という題名を付けたとしたら、絵に関係なく「くまのタンタンは○○しました。」のエンドレスでしたが、最近はちゃんと絵に合ったストーリーを自ら考えて言えるようになってきました(*^^*)

 

  • 英語でのストーリー作りも上手に!

今月は保育園の生活に慣れるのが最優先だったので、あまりおうち英語の時間をゆっくり取ることができなかったのですが、日本語の急成長のおかげで、英語にも少しいい影響がありました!

英語もまだ読めませんが、英語の絵本を片手に、自分の知ってる英語を駆使しながら、自分なりのストーリーを作っているではありませんか!\(^o^)/

今までは「英語のリズムで英語を話してる風、だけど全然意味は分からない朗読」だったのが、今や意味が分かる言葉になった!というのは、大きな成長を感じました(*^^*)

 

まとめ|【娘3歳6ヶ月】年少で保育園入園1ヶ月目!不安しかなかった娘の大きな成長とは?

娘には「一ヶ月間よく頑張ったね、いっぱい成長したね、お疲れ様でした!十分お姉さんになってるよ!」という気持ちでいっぱいです。でも褒めすぎても難しいお年頃。笑

その代わりゴールデンウィークは目一杯楽しもうね(*^^*)

5月末は、第二子の出産を控えています。娘にはまた新たな試練になりそうだけど、極力寂しい思いはさせないように気を付けながら、新しい生活に親子共々馴染んでいけたらと思います(^^)d